各国の実体経済+金融経済について

World financial economy

IMF統計 アメリカ 世界の失業率 各国データ

アメリカ 失業率の推移【IMF統計】

更新日:

IMFにあるアメリカの失業率のデータをまとめました。

アメリカ 失業率の推移

失業率とは失業者数を労働力人口で除した数値。
日本では完全失業率ともいわれ、労働力人口に占める完全失業者の割合を示す。

完全失業者の定義は、総務省統計局によると「仕事がなくて少しも仕事をしなかった者のうち、就業が可能でこれを希望し、かつ仕事を探していた者及び仕事があれば、すぐ就ける状態で過去に行った求職活動の結果を待っている者」となっている。

コトバンクより抜粋

改めて見るとリーマンショック後は10%近くまで上がってましたね。最近は経済政策の成功もあって完全雇用に近づいてますね。

年度失業率
19807.175
19817.617
19829.708
19839.6
19847.508
19857.192
19867
19876.175
19885.492
19895.258
19905.617
19916.85
19927.492
19936.908
19946.1
19955.592
19965.408
19974.942
19984.5
19994.217
20003.967
20014.742
20025.783
20035.992
20045.542
20055.083
20064.608
20074.617
20085.8
20099.283
20109.608
20118.933
20128.075
20137.358
20146.158
20155.275
20164.875
20174.35
20183.892
20193.788
20203.713
20213.754
20223.916
20234.012
20244.19

※2019年度以降は推定値

スポンサーリンク

スポンサーリンク

↓よろしければクリックお願いします^^

-IMF統計, アメリカ, 世界の失業率, 各国データ

Copyright© World financial economy , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.